BHCC日記

中国赴任(人選理由)

みなさんは、なぜ今回の赴任に選ばれたのでしょうか?

海外赴任者を選ぶときの選考基準としてBlackは4つをあげている。

① 語学力や現地文化への精通度

② 専門的・技術的スキル

③ リーダーシップや人間関係構築力

④ 家族要因

 

上記に従った調査がある。

※2008年調査・古沢昌之(赴任経験のある本人に聞き、派遣者本人が選抜に際して各々がどの程度評価・考慮されたと感じているかを5点法で尋ねた(5 大いに評価~1考慮されず)

次の通り、中国に関しては他の地域と比べて、①と③は少し特色がある。

 

 

 

10年以上前の中国を考えるならば、

・新規赴任者の絶対数の増加

・中国語力のある人材の供給不足

なども影響もあるだろう。

いずれにしろ、スコアの高さの順位としては

②→③→①→④である。

しかし、現実的に考えれば、候補者側の現在のモチベーションの状態や現職場の勤務期間の長短、今後のキャリアデザイン(能力開発、昇進時期など)様々な要因があるに違いない。

また、異動候補者リストやプールのあるなしなど内部の仕組みや慣習なども影響しているに違いない。

えいやっと然るべき人が決める属人的な部分も多く存在するだろう。

国内の異動も含めて、ここはか科学されていない領域である。

みなさんは、なぜ今回の赴任に選ばれたのでしょうか?

 

出典:古沢昌之「日本企業の海外派遣者に対する人的資源管理の研究─駐在経験者への調査を踏まえて─」大阪商業大学論集 第6巻 第3 号(通号159 号)

 

中国 売上高純利益率 5.2%

経産省発

http://www.meti.go.jp/press/2018/09/20180926001/20180926001-4.pdf

製造業の地域別純利益の状況

平成28年度海外事業活動基本調査から製造業の海外現地法人の当期純利益をみると、中国を含むアジアが68%を占めている。

中国を含めてアジアの純利益率が高いのがうかがえるとのこと

中国 売上高純利益率 5.2% となってます。

 

マネジャー応援通信 No5

<BHCCマネジャー応援通信(事務局)>です。

今回、皆さんへ紹介するのは『非合理な職場』という本です。
著者は20年近くビジネスモデル、組織モデル、人材マネジメントモデルを 一体としたコンサルティング経験のある永田稔です。

本の感想に入る前に、まず一つのストーリーを話します。

欧米の経営戦略大家スマントラ・ゴシャールが、
ある大物経営者へインタビューをする時のことでした。
現場には最初、張り詰めた空気が流れていましたが、
スマントラがインタビューを始めると空気は一変しました。
そして、和やかなムードで取材は終わりました。

その帰り道、同席したアシスタントは、「一体どのようにしたら、 あのように場の空気を変えることができるのか」と尋ねました。

スマントラの答はシンプルです。
「それは『好奇心とリスペクト』だよ。」

好奇心もリスペクトも、相手への共感につながるものです。
彼はロジックに基づく「戦略論」の大家でしたが、同時に、
その戦略の背後にある「心理」にも踏み込んでいたのです。

仕事場面にかかわらず、生活場面においても、
人間の合理的で論理的な一面と、非合理な心理的な一面の両面をつかむことで、 人を動かすことが可能になります。

前回のメルマガでは、人に誤解されやすい論理的思考の罠を3つ取り上げました。

1、論理的思考力とプレゼン能力・交渉力は違います。
2、「論理的である」とは「遠慮がない」という意味ではありません。
3、論理的思考を身につけても、仕事が早くなるとは限りません。

今回で紹介する本の中で筆者は、
論理的思考の罠を下記のように述べています。

1、他の人も事実やロジックを正しく理解しているはず。
2、自分はロジカルに考えいてるので正しいはず。
3、自分の役割は正しいと指示を出し続けること。
4、他の人や組織はロジックを理解すれば正しい方向に動くはず。

などです。これらは上記の現象を心理的に解釈した言い方だと言えよう。

論理的問題解決力のみをマスターした人(著者はこのような人を
ロジカルシンガーを呼んでいる)は、自らの思考や論理にこだわりすぎ、 人間や組織の持つ非合理的な面を軽視しがちであり、
上記のような「思い込み」に陥行ってしまうと指摘しています。

本書『非合理な職場』では、
人間や組織が持つ非合理性がどのように表れるのか、
その対応はどうすべきなのかを、
実例と学問的な知識、ノウハウを紹介しています。

弊社のメルマガを読んでいる皆さんの多くは管理層の方です。
読者本人の自己省察にとってはもちろん、
職場で上記のような思い込みを持っている人とどう付き合うべきかに対しても、 啓発的なアイディアの得られる一冊だと思います。

管理の現場から管理の非合理性を言えば、
日本の経営学者神戸大学金井壽宏教授の言葉を借りれば、
「管理は本来人間くさいものです」ということになるでしょうか。

経営管理とは、
一般に「他の人びとを通じて、ことを成り遂げる」と定義されています。

自分も人間、他の人びとも人間であることを考えると、
人間をどのように捉えるかが、管理のあり方に大きく影響を与えます。

そして、おそらくこの非合理性の問題は、海外進出している日本企業にとって、 ますます重要になると思います。

実際に多文化、多言語を持つ人々と仕事をする時に、
「論理」、つまり「合理性」だけでは、人を説得できないことがあるでしょう。

この場合、普段から相手の文化や相手の感情を把握し、リスペクトしておくことが、
「論理を通す」ために非常に大事なことではないかと思います。

★次回予告★
次回では、この人間の非合理性を「EQ」の視点で説明し、
基本を押さえる教科書として保存しておきたい一冊の本を紹介します。

お楽しみに!

●関連サービス紹介(カスタマイズ可能)
◎問題解決研修
→  一日コース(若手向け) 詳しくはこちら
→  年間コース(リーダー向け) 詳しくはこちら
◎管理職向け目標設定研修紹介(部下育成のため)
→  詳しくはこちら
◎日本人赴任者向け、『中国人材マネジメント研修』
→ https://bhcc-asia.com/?page_id=349

●過去のメルマガ
【第1号】→ http://bhcc-asia.com/?p=1156
【第2号】→ http://bhcc-asia.com/?p=1166
【第3号】→ http://bhcc-asia.com/?p=1224
【第4号】→ http://bhcc-asia.com/?p=1297

★筆者プロフィール★
邵欣欣  BHCC コンサルタント
天津外国語大学卒、神戸大学大学院人間発達環境学研究科修士。
専攻分野は「大人の学び」。
中国の油圧ショベルのトップメーカー福田雷沃重工股份有限公司の 日本法人ロボルジャパン株式会社に入社。
その後北京に戻り、BHCCに入社。
現在は、大学院時代の専門知識を活かし、BHCCのコンサルタントとして活躍中。