お知らせ

<開催間近>中国赴任前セミナー

ケースで学ぶ「中国人部下との効果的なコミュニケーション・マネジメント」東京公開セミナーを3月4日に開催します。

●対象

中国へご赴任(出張)予定の方

(日本国内で中国人社員を部下に持つ上司、海外事業、海外人事担当の方)

●ねらい

中国人社員を効果的にマネジメントするために必要な知識とスキルを習得する

●概要
 日時     2019年3月4日(月)9:30-17:00 

 会場     JR神田駅3分 外部会議室

 定員     16名

 受講料       1名 43,200円(税込)

●セミナー内容

○ はじめに

中国人社員の不満、日本人赴任者の不満

赴任に伴なう「4つの移行課題」を克服する

○ ケース討議 (1)

「中国人幹部の退職の申し出」

○ 中国人を理解する

中国人社会の行動原理・モチベーション

○ 中国人の力を発揮させるコミュニケーション

仕事の指示・方針展開の方法

中国人を叱ることはできるか

○ 中国人社員の効果的なマネジメント

会議運営や意思決定のスタイル

優秀社員のマネジメント

○ケース討議(2)「できると言ったのに、できない」

○ 中国人社員の採用/育成を考える

離職の理由とその対応

見落とされてきた、OJTの非効率性

組織的に人材を育成するしくみ

優秀な中国人を採用する

○ 中国着任180日間シミュレーション

現地と本国の間で揺れる赴任ミッション

チェンジ・マネジメント

10のヤマ場を乗り越える

○ まとめ 質疑応答

本セミナー受講者のアンケートより(抜粋)

「ケーススタディやたくさんの例、図解などをもとに説明をしてくれたので理解しやすかった。また、質問に対しても表面的な回答ではなく何故そうなのかまで説明があり深く理解できた。」

「中国については素人なので大変有益なセミナーでした。他の参加者とも、だいたい抱えている問題は同じであり、そこにfocusをあてている内容なので良かったです。」

【ご注意】
・受講料は事前銀行振込み、あるいは当日現金払い。
・昼食時間は12:00-13:00 各自おとりいただいております。
・催行最低人数(5名)に満たない場合、やむを得ずセミナーを中止・延期させていただくことがあります。
・参加人数により会場を変更する場合がございます


セミナーのお申込み

以下セミナー申込専用フォームにてお申し込みください。

<お申込み専用フォーム>

参加を希望されるセミナー (必須)

氏名 (必須)

社名 (必須)

所属部署

役職

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

ご登録頂いたお客様の情報は、お申込いただいた事項への対応及びそれに関連するご案内のために利用させていただきます。
お客様の個人情報をお客様の同意なしに業務委託先及び共同利用者以外の第三者に開示・提供することはございません。お客様の個人情報は、ブライトンヒューマンキャピタルコンサルティング株式会社にて管理させていただきます。詳しくは、当社プライバシーポリシーをご覧下さい。

中国赴任(欧州企業の海外赴任)

日本は、本国からの海外赴任者が多く、海外子会社において本国派遣者の比率が高いということが以前より問題視されていました。

米国は、本国からの派遣者が少ないこともあり、本国からの派遣者を増やしたいが、派遣者の不適応などの投資リスクを経営側が強く認識しており、強く踏み切れない。従業員の側も海外赴任のキャリアを魅力的に感じられない状況がある(J.S.ブラック)ということが問題意識として存在している。

 

では、<欧州企業>はどうであろうか?

海外子会社における本国からの派遣者比率は、米国と日本の中間にある(Koop )というデータがある。

欧州企業は。いろいろな意味で中間的である。

欧州企業は、「本国志向が強くなってしまう本国人の海外子会社への派遣はだめだ」とは考えていない。

本国人派遣が正当化される理由として

1.欧州企業の海外派遣失敗率は米国企業より低い

2.急速な海外展開によて派遣者の重要性とニーズが増えている

3.欧州内での展開を考えれた場合、本国から海外子会社の距離が近い

を挙げ、本国人の派遣を否定的には見ていない。

 

 

ところで、欧州企業では通常の赴任者(駐在員)とは異なる、「トラベリングエグゼクティブ」を活用している事例も多く見られる。

トラベリング・エグゼクティブとは、経営的指導やプロジェクト単位のミッションを帯びて、1日から半年間の期間で海外子会社(単数・複数)をまわる活動を行っている。

日本では技術的指導を行う短期・中長期の出張者は多く存在するが、このような機能的な役割や存在を積極活用しているとは言えない。赴任できないから、やむを得ず出張で・・・ということがほとんどである。

欧州企業では、このような「トラベリング・エグゼクティブ」の存在により、通常の赴任者(駐在員)の「滞在期間」が伸びているというデータもある。

なんとなく、かっこよい響きのある「トラベリング・エグゼクティブ」。より専門的な本国の人材が担う役割となるが、赴任経験者の帰任後のキャリアとして、イメージできないだろうか?

公開コース(3/4)会場変更

【お知らせ】

 

2019年3月4日(月)開催予定

ケースで学ぶ「中国人部下との効果的なコミュニケーション・マネジメント」東京公開セミナーの会場を変更いたしました。

お申し込みいただいたお客様には、別途詳細お知らせいたします。どうぞ、よろしくお願いします。

    <記>

「2019年3月4日(月)9:30-17:00中国赴任前セミナー」

の会場を変更いたします。

 新会場     JR神田駅3分 外部会議室

旧会場(→当初予定の東京八重洲ホールから神田外部会議室に変更しました)

 

以上