好評セミナー「中国の政治・経済報道をどう読むか」アンケート

49名の参加者で、東京大学本郷キャンパスで開催された第3回イブニングセミナー「中国の政治・経済報道をどう読むか」(講師:田原真司)が終了しました。

フリーディスカッションは30分行われるなど、固いテーマでありながらも大変、好評でした。

 <アンケート抜粋>

・とてもタイムリーでホットなトピックスでした。

・普段、報道を見ていて疑問を持っていたことが理解できました。

・メディア報道の見方、活用の仕方の参考となりました。

・情報をどのように読み取るかという点について、ロジカルな組み立てが必要であることを改めて理解できました。

・メディアの視点から中国政治報道のファクトを見つけることが大切なことを学んだ。

情報の取捨選択のポイントが具体的で、分かり易かった。

・公開情報からの情報の取り方が良く分かった。仮設→検証→実践のプロセスはマーケティング、企画のプロセスと同じと感じた。

・中国は外からわからないので、類推する力は重要と思いました。

・「基礎知識と公開情報でどこまで突き詰めるのか」意外と足下に情報が転がっていると思いました。

・新聞記事の事実性について100%でないということが理解できた。

・日本のメディアの報道と中国の実態の違いや日本のメディア報道記事の捉え方。

・ジャーナリズム論として非常に考えさせられるところがあり、自らの仕事と引き比べて考えさせられました。

・ニュースの読み方、分析の仕方について、続編をまたお願いします

・最後の質問、フリーディスカッションでの内容がよかった。

・通常自分を含め、経済界で生活している。中国駐在員は実はあまり中央政府に関する情報を普段からは見えていないし、あまり情報もない。現地紙では尚更。日本人としては海外のメディアに頼らざるを得ない。直接実務上無関係だからです。

・大変勉強になりました。さらいに深く学びたいと興味が沸きました。