中国赴任(CAGEフレームワーク)

日本から他国へ行き経営するときに、どのような違いが生まれるのだろうか。

『コークの味は国ごとに違うべきか』で有名なパンガジ・ゲマワット(Ghemawat, P.)は、多国籍企業が国際化によって直面する隔たりを4つに分けたCAGEフレームワークとして示している。

1)Cultural distance   文化的隔たり

2)Administrative and political distance   制度的、政治的隔たり

3)Geographic distance   地理的な隔たり

4)Economic distance   経済的隔たり

である。

これら4つの違いに注意すると同時に、経営という観点からはむしろこの隔たりを強みに活かすという視点が大切である。

 

中国へ赴任する場合、4つの中で一番隔たりを感じるのはどの隔たりだろうか?