中国赴任(人選理由)

みなさんは、なぜ今回の赴任に選ばれたのでしょうか?

海外赴任者を選ぶときの選考基準としてBlackは4つをあげている。

① 語学力や現地文化への精通度

② 専門的・技術的スキル

③ リーダーシップや人間関係構築力

④ 家族要因

 

上記に従った調査がある。

※2008年調査・古沢昌之(赴任経験のある本人に聞き、派遣者本人が選抜に際して各々がどの程度評価・考慮されたと感じているかを5点法で尋ねた(5 大いに評価~1考慮されず)

次の通り、中国に関しては他の地域と比べて、①と③は少し特色がある。

 

 

 

10年以上前の中国を考えるならば、

・新規赴任者の絶対数の増加

・中国語力のある人材の供給不足

なども影響もあるだろう。

いずれにしろ、スコアの高さの順位としては

②→③→①→④である。

しかし、現実的に考えれば、候補者側の現在のモチベーションの状態や現職場の勤務期間の長短、今後のキャリアデザイン(能力開発、昇進時期など)様々な要因があるに違いない。

また、異動候補者リストやプールのあるなしなど内部の仕組みや慣習なども影響しているに違いない。

えいやっと然るべき人が決める属人的な部分も多く存在するだろう。

国内の異動も含めて、ここはか科学されていない領域である。

みなさんは、なぜ今回の赴任に選ばれたのでしょうか?

 

出典:古沢昌之「日本企業の海外派遣者に対する人的資源管理の研究─駐在経験者への調査を踏まえて─」大阪商業大学論集 第6巻 第3 号(通号159 号)