日本人(赴任後)セミナー

事例紹介 人材マネジメント調査

本セミナーは終了しました。

調査で浮き彫りになる中国現地法人の組織課題
「事例紹介 人材マネジメント調査」

対象 海外人事、中国事業関係者
日時 5/19(火)15:00-17:00
会場 東京八重洲ホール (東京駅中央口徒歩3分)
受講料 無料
定員 20名(先着順)
内容 【 5月開催 事例紹介セミナー 】
・7つの人事機能の発揮度を診断する
・経営の現地化とガバナンス。総経理の人材の見立ては正しいか?
・「中国人幹部のマネジメントスタイル」メリットとデメリット
・「組織・マネジメント調査(A社報告書)」から見た組織課題
使用言語 日本語
講師 BHCC代表パートナー 金子行宏
ブライトンヒューマンキャピタルコンサルティング株式会社代表取締役。北京博瑞智明咨詢有限公司董事長総経理として日中を往復しコンサルティング業務に携わる。1964年生まれ。㈱リクルート勤務を経て、2003年に日本と中国にBHCC社を創業し現在に至る。『中国進出企業における成功/失敗事例集』共著、日中両国にて講演多数。

 

事例紹介 中国人幹部の選抜・育成

本セミナーは終了しました。

中国現地法人における<アセスメント研修>の活用
「事例紹介 中国人幹部の選抜・育成」

BHCC事例紹介セミナーは日本国内の人事部や中国事業関係者向けに、弊社の取り組み事例をご紹介しております。中国の日系現地法人で、どのような問題が起きているのか、それをどうすれば解決できるのかについて、中国人事プロフェッショナルとしての知見やノウハウをご提供いたします。是非、お気軽にお越しください。

対象 海外人事、中国事業関係者
日時 4/23(木)15:00-17:00
会場 東京八重洲ホール(東京駅中央口徒歩3分)
受講料 無料
定員 20名(先着順)
内容 【 4月開催 事例紹介セミナー 】
・過去の失敗から学ぶ必要性 中国の現地法人に求められる幹部とはどのような人か?
・幹部候補が特定できない総経理 育成の起点づくりに必要なアセスメント研修
・足元を見よ MBAやロジカルシンキングの落とし穴
・日本人上司が果たすべき育成責任 異動や仕事で磨く能力 最大の課題はモチベーション
使用言語 日本語
講師 BHCC代表パートナー 金子行宏
ブライトンヒューマンキャピタルコンサルティング株式会社代表取締役。北京博瑞智明咨詢有限公司董事長総経理として日中を往復しコンサルティング業務に携わる。1964年生まれ。㈱リクルート勤務を経て、2003年に日本と中国にBHCC社を創業し現在に至る。『中国進出企業における成功/失敗事例集』共著、日中両国にて講演多数。

中国人のものの考え方・行動原理を理解する

本セミナーは終了しました。

中国人との効果的なコミュニケーション
「中国人のものの考え方・行動原理を理解する」

「面子を大切にする中国人は人前で叱るな!」・・・
これは赴任者研修でよく言われるフレーズです。
では、「なぜ、中国人は面子を重視するのでしょうか?」この理由を説明できる人はそう多くはありません。
本セミナーでは、中国人の行動原理を独自の視点から明らかにし、これからの日本人と中国人との新しいコミュニケーションのあり方を提言します。
あなたの中国人観をブラッシュアップしましょう!

対象 中国で働く日本人 (業種、役職、中国歴問わず)
日時 2015年1月15日(木)13:30-18:00
会場 上海美侖大酒店 上海市長寧区武夷路789番
(中山西路×武夷路) 中山公園駅徒歩8分
受講料 750人民元
定員 40名(先着順)
内容 (1)中国人のものの考え方・行動原理を理解する
   中国人の行動原理
   中国人の不思議な行動
   中国人の発想 「量」と「スジ」
  □ 実習 「あなたも、中国人になってみよう!」
   中国人の「ある」と「ない」
   中国人の判断基準
(2)中国人社会の生き方
  □ 実習「中国人の視界」を体験してみよう!
   「仕組み」より「人」
   中国人の生き方
   仕組みが頼りにならない、正直者が馬鹿を見る社会
(3)中国人社会のモチベーションとネットワーク
   面子の本質
   中国人のエネルギーの源泉
   中国人の「圏子」
使用言語 日本語
講師 田中信彦
BHCCパートナー 早稲田大学政治経済学部卒。新聞社記者を経て、 90年代初頭から「中国」と「人材」をテーマにコンサルティングや執筆活動などを行っている。亜細亜大学大学院アジア・国際経営戦略研究科(MBA)非常勤講師(日中人事・労務比較論)。NHK「クローズアップ現代」に出演、中国の人事・教育問題を解説。著書『中国で成功する人事 失敗する人事』(日本経済新聞社)他多数。『週刊東洋経済』に署名コラムを執筆中。 ビジネス情報サイト「wisdom」の連載コラム「深層中国」は毎回数万のアクセスがある。