セミナー

(中国赴任者向け)講師派遣研修のご提案

中国赴任者向け 研修講師派遣のご提案

BHCCでは、中国赴任者向け研修を「公開コース」と「講師派遣」の二通りの方法でご提供しています。自社独自の内容や狙いに合わせた展開が可能な「講師派遣」型の中国赴任者研修をぜひご利用下さい。なお、現在、期間限定の安価な費用でご案内しております(条件あり)。

※「公開コース」は、コチラ

「講師派遣」型赴任者研修のプログラム(例)

1)研修の目的

・「赴任」や「中国(人)」に対するポジティブな動機付けを行う。

・中国でマネジメントするために何が必要なのかを体感する機会を提供する。

・ネガティブな報道に惑わされず、中国を観る視点や視野を獲得する。

赴任前研修で提供できる知識や情報は限られます。大切なことは中国で管理・マネジメントするために必要な<考え方やフレーム>(=中国仕事OS)を身につけることです。現地で起こる様々なケースをもとに、”中国でマネジメントするために必要なOS”を体験しながら身につける機会を提供します。

2)研修内容  2日間

1日目 「今の中国を知る 中国人のものの考え方と行動原理」

(講師 田中信彦)

●中国と中国人を理解する

・中国の歴史と中国人「中国はなぜ“コネ社会”なのか」

・中国の政治と社会 「中国はなぜ崩壊しないのか」

・中国経済と日本企業「中国ではなぜ消費が爆発しているのか」

●最新・中国事情

情報化する中国の個人 ITが中国人の働き方と生活を変える

●中国人の生き方を理解する

「効果的な中国人とコミュニケーション」

法則1 近づく~「好意の先払い」がカギ

相手の望んでいることを知る

法則2 発信する~中国人の仕事観・キャリア観を理解する

「顔のある日本人」になる

法則3 認める~貢献を認知するメンツ社会での生き方

法則4 関係を強くする~相手の「役に立つ人」になる

中国的「義理人情」の世界

2日目 ケースで学ぶ

中国人部下のマネジメント・効果的なコミュニケーション

(講師 金子行宏)

●中国人社員とのコミュニケーション

ケース研究(1)「中国人社員からの退職の申し出」

・中国人社員の力を発揮させる「モチベーション」とは

・成果を確実にする中国人に対する「仕事の指示」のしかた

●中国人社員の指導と育成

ケース研究(2)「できると言ったのに・・なぜ、できない?」

・出来ないことを言いたくない中国人のメンツ

・OJTは本当に機能しているか?

・1対1面談における「指導」ポイント

・人材育成を加速させる組織的な「しくみ」

・成長する中国人を見極めて「採用」する

●<実践ケース> マネジメント・シーンにおける効果的な対応

1.中国人社員の叱り方

2.問題解決の苦手な中国人、その理由と解決策

まとめ 「あなたが中国人社員であったならば・・・」

3) 費用

講師派遣料 2日間 60万円(税込)

(1日30万円×2日間)

※上記は2018年6月30日申込みまでの新規導入企業様向けの割引料金です。

・資料代一名 3,000円

・オリジナル・ケースを作成する場合は費用別途発生します

・中国国内の実施も可能です。

・交通・宿泊費は、日本国内はさいたま本社、中国国内は北京本社を起点にご請求

上記プログラム以外の内容

※ お気軽にお問い合せください。

【東京公開】中国赴任前研修 効果的な中国人部下とのコミュニケーション・マネジメント

「中国人部下との効果的なコミュニケーション・マネジメント」2018年3月に公開セミナーを開催します。

●対象

中国赴任(出張)予定者、日本国内で中国人社員をマネジメントする方、海外事業、海外人事の方

●ねらい

効果的に中国人社員をマネジメントするために必要な知識とスキルを習得する

●概要
 日時     2018年3月19日(月)10-17時 
  (※同内容の開催予定 2018.8/27,  2018.12/17) 

 会場     東京八重洲ホール (JR東京駅3分)

 定員     20名    

 受講料     1名 43,200円(税込)

●セミナー内容

第1部 中国人社員とのコミュニケーション

ケース研究(1)

「中国人社員からの退職の申し出」

・中国人社員の力を発揮させる「モチベーション」とは

・成果を確実にする中国人に対する「仕事の指示」のしかた

第2部 中国人社員の指導と育成

ケース研究(2)

「できると言ったのに・・・なぜ、できない?」

・出来ないことを言いたくない中国人のメンツ

・OJTは本当に機能しているか?

・1対1面談における「指導」ポイント

・人材育成を加速させる組織的な「しくみ」

・成長する中国人を見極めて「採用」する

第3部 <実践ケース>

マネジメント・シーンにおける効果的な対応

1.中国人社員の叱り方

2.問題解決の苦手な中国人、その理由と解決策

 まとめ 「あなたが中国人社員であったならば・・・」
以上 開催時間 10:00-17:00   (昼食12-13時は各自)
【ご注意】
・受講料は事前振込み。
・催行最低人数(5名)に満たない時にはセミナーをやむを得ず中止することがあります。


セミナーのお申込み

以下セミナー申込専用フォームにてお申し込みください。

<お申込み専用フォーム>

参加を希望されるセミナー (必須)

氏名 (必須)

社名 (必須)

所属部署

役職

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

ご登録頂いたお客様の情報は、お申込いただいた事項への対応及びそれに関連するご案内のために利用させていただきます。
お客様の個人情報をお客様の同意なしに業務委託先及び共同利用者以外の第三者に開示・提供することはございません。お客様の個人情報は、ブライトンヒューマンキャピタルコンサルティング株式会社にて管理させていただきます。詳しくは、当社プライバシーポリシーをご覧下さい。

2017年BHCCイブニングセミナー終了

「今の中国」を復数の視点で捉える

という目的で開催しました2017年BHCCイブニングセミナーは、無事終了しました。お越し頂いた皆様ありがとうございました。また、ご登壇いただいた講師の皆様、貴重なお話をいただきありがとうございました。

2018年も中国事業を推進する上で役立つ情報の発信をしていきます。企画内容についてのご要望やスピーカーの自薦他薦を歓迎いたします。お気軽にご意見をお寄せ下さい。どうぞ、よろしくお願いします。 ( kaneko@bhcc-asia.com )

BHCC 金子行宏

 

 

<2017年 BHCCイブニング・セミナー実施概要>

 

第1回 「国際経営論」から見る日本本社の課題

東京大学大学院経済学研究科講師 大木清弘

海外子会社をいかにマネジメントするのか?日本企業は本社が強いが、それで良いのか?本社がどうあるべきかを、拠点間関係(本社-子会社、子会社同士)から考えます。

第2回 情報化する中国の個人 中国人の働き方、生活はどう変わるか

BHCC パートナー田中信彦

中国版クラウドソーシング「人のシェア」、スマホ時代の中国版信用情報システム、「草の根電気自動車」、中国を席巻する「シェア自転車」からみた中国

第3回 中国の政治・経済報道をどう読むか リスクと機会を見極めるヒント

元・日経BP社北京支局長 フリージャーナリスト 田原真司

10月18日、共産党大会がいよいよ開幕。日本の中国報道からバイアスを排し、実態をどう掴むのか。最新の政治・経済動向を踏まえ解説します。

第4回 海外子会社経営トップの現地化 中国人総経理による組織変革の取り組み

BHCC代表パートナー 金子行宏

「日本人→中国人」への総経理交代は、いつ、誰が決断し、どのような成果を生み出したのか。事例を踏まえ、これからの「人の現地化」を考えます。