BHCC のすべての投稿

開催報告[次世代中国人事・マネジメント研究会]第1回

第1回 次世代中国人事・マネジメント研究会を開催しました。

<当日は、以下の様な議論を展開しました>

🔴BHCCから参加者への情報提供・コンテンツ

<事前>「ケース」および「等級格付制度の基礎知識」の配布、

<当日>レジュメ、参考論文1本、

<事後>「終了レポート」 を提供しております。

 

<当日のレジュメ>

第1回 テーマ

「報酬コンセプト見直しの方向性」 

~職能給・職務給・役割給?切れ味を無くした仕組み~

2015年10月29日15-18時

設定テーマについて

人事にはさまざまな「機能」があり、それに応じた「制度」が存在する。会社の中で、社員を位置ける基本的な枠組みとなる制度は、社員資格制度・等級グレード制度と呼ばれる「格付け制度」(グレード制度あるいはグレード構造、人事等級制度とも表現する)である。

高度成長期以降の日本国内で採用された格付け制度は「能力」に基づく「職能資格制度」であった。一方、欧米諸国では「職務」に応じた「職務給制度」が一般的である。もちろんこの2つのコンセプトにはメリットデメリットが存在する。最近は企業を取り巻く環境変化によって、日本は欧米寄りに、欧米は日本寄りにとお互いのコンセプトを修正しつつある。お互いが相手の側に接近しているとも言える。ちなみに、日本ではこの10年間で職能給と職務給の間に位置づけられる「役割給」の導入が盛んに行われてきた。

中国では労働契約書に記載された金額と職務内容をベースしていた時代もあるが、民営組織にも格付け制度・グレード構造は必要になってきた。欧米企業は職務給を中心に、日系企業は職能給、中国ローカル企業もそれなりの等級資格制度を有している。では今後、どのような格付制度が中国では望ましいのだろうか。在中国日系企業の格付け制度の現状と問題点、および今後のありかたについて考える。

議論の内容とその方向性

 

  1 在中国日系企業の「職能給」の機能不全が言われているが、一体何が問題か?
  2 中国人あるいは在中国日系企業にとって、どのような格付け等級制度が効果的か?

 

  • 格付け等級制度に焦点をあて、ケースを元にディスカッションをする(報酬・トータルリワードの諸問題は別の回で議論予定)
  • 格付け等級制度を設定する時に、考えるべき諸要因について明らかにする
  • 自社の現状と照らし合わせ、自社の課題を抽出する

次世代への展望

  1 在中国中国日系企業における、次代の格付等級制度を探る

HPをリニューアルしました!

HPをリニューアルしました!

 

長らくご迷惑をおかけしました。

新しいドメイン < bhcc-asia.com >でサイトをリニュアルしました。

どうぞ、よろしくお願いします。

 

 

11月1日より、弊社社員のメールアドレスも、随時 新アドレス

bhcc-asia.com および、 bhcc-asia.com.cn へ 移管してまいります。

詳しくは弊社社員よりご案内を差し上げまますので、よろしくお願いします。

 

なお、旧ドメイン < bhcc.asia > のメールアドレスは、しばらく使用しますが、1年後に廃止する予定です。

第1回 次世代・中国人事マネジメント研究会

開催地【上海】

2003年より弊社は「中国人事労務戦略研究会」(東京:計27回実施)や「人事担当者勉強会」(上海、北京)を主催してきました。この度、2020年の日系企業の人材マネジメントのあり方について、経営的な視点から議論する研究会を開催します。

変化を先取りし、未来に責任を持つ
中国における次代の人事戦略・人材マネジメントを考える研究会を発足させます


●対象者
事業運営や人事に携わり、次代の在中国日系企業の方向性について関心のある方
例えば、参加目的として
・経営者(総経理) → 中長期の視点から次代の人材マネジメント戦略を考えるヒントを得たい
・人事責任者    → 今までの自社の取り組みを人的資源管理の知見から検証し、見直しの方向性を検討したい。

●予定する テーマ・イシュー

第1回 2015.10.29 等級制度の変遷とこれから(切れ味をなくした制度)
第2回 2015.11 今後の人材ポートフォーリオを考える(人材を区分する)
第3回 2015.12 業績をマネージする(権限委譲、プロセスマネジメント)
第4回 2016.1 人材をモチベートする(中国人の動機づけ要因)
第5回 2016.2 人材のローテーション(仕事で磨く、キャリア開発)
第6回 2016.3 幹部育成と現地化(日本人赴任者の役割)

【対 象】 事業運営や人事に携わる方
【日 時】 2015-10-29(木)15:00-18:00
【会 場】 上海市内(中山公園付近)を予定
【受講料】 350人民元
【定 員】 30名(先着順)
【内 容】 第1回 テーマ「等級制度の変遷とこれから(切れ味をなくした制度)」
・事前に配布した「ケース」をもとに討議を行ないます
・人的資源開発やマネジメントの理論を提供します
・次代の取り組みや方向性について、BHCCから基本提言を行います
・相互に意見交換をします

【使用言語】 日本語
【講 師】 BHCC代表パートナー 金子行宏

ブライトンヒューマンキャピタルコンサルティング株式会社代表取締役。北京博瑞智明咨詢有限公司董事長総経理として日中を往復しコンサルティング業務に携わる。1964年生まれ。㈱リクルート勤務を経て、2003年に日本と中国にBHCC社を創業し現在に至る。『中国進出企業における成功/失敗事例集』共著、日中両国にて講演多数。


セミナーのお申込み

以下セミナー申込専用フォームにてお申し込みください。
ご不明な点、お問合せは、seminar@bhcc.asia にご連絡下さい

<キャンセルポリシー&支払方法>

・やむを得ずご欠席される際には、当日も含め当社seminar@bhcc.asiaにご連絡下さい。
・事前振込み、当日 発票発行します
※事業会社の実務に携わる方が対象の研究会となります。各種コンサルタント、人材サービス業や士業の方のご参加・入会はお断りしております。

<お申込み専用フォーム>

参加を希望されるセミナー (必須)

氏名 (必須)

社名 (必須)

所属部署

役職

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

住所