日本

中国赴任前研修②「中国人部下のマネジメント」

本セミナーは終了しました。

「中国人材マネジメントの基礎知識」
「中国赴任前研修② 「中国人部下のマネジメント」」

3月23日「①中国人とのコミュニケーション」と、3月24日「②中国人部下のマネジメント」の連日開催セミナーですが、いずれか1日の参加も可能です。

総経理として赴任予定の方から一般の方まで、中国国内で活躍する人事コンサルタントが、現地のマネジメントのケースを使いながら進めます。
※3/23開催 ①『中国人とのコミュニケーション』を同時に受講される方は、3/23-24の2日間80,000円の<割引料金>が適用されます。

対象 赴任予定者、中国事業関係者、海外人事など中国人材マネジメントにご興味のある方
日時 2015-3-24(火)10:00-17:00
会場 FUKURACIA品川(高輪口)(品川駅高輪口徒歩4分)
東京都港区高輪3-25-33 長田ビル6階
03-6430-9355
受講料 48,000円(税込)
定員 20名(先着順)
内容 【第3部 『中国・人事労務の基礎知識』】
・中国の労働市場、賃金事情
・「労働契約」と「就業規則」
・採用のノウハウと離職の現状
・解雇トラブルなどの事例紹介
【第4部 ケースで学ぶ 中国人材マネジメント】
・「中国人部下からの退職の申し出」(グループ討議→全体解説)
・新任者の陥るワナ 日本人に求められる役割
・仕事の指示と中国人のモチベーション
・日本的組織運営と中国的組織運営
・180日間で成果を上げる 現地法人マネジメントの成功シナリオ
・マネジメントをスタートする前に準備すべきこと
・「採用→目標設定→指導・育成→評価→定着」の実際
・中国人をいかに巻き込むか
使用言語 日本語
講師 BHCC代表パートナー 金子行宏
ブライトンヒューマンキャピタルコンサルティング株式会社代表取締役。北京博瑞智明咨詢有限公司董事長総経理として日中を往復しコンサルティング業務に携わる。1964年生まれ。㈱リクルート勤務を経て、2003年に日本と中国にBHCC社を創業し現在に至る。『中国進出企業における成功/失敗事例集』共著、日中両国にて講演多数。

中国赴任前研修 ① 中国人とのコミュニケーション

本セミナーは終了しました。

「中国と中国人を理解し、関係をつくる」
「中国赴任前研修 ① 中国人とのコミュニケーション」

3月23日「①中国人とのコミュニケーション」と、3月24日「②中国人部下のマネジメント」の連日開催セミナーですが、いずれか1日の参加も可能です。

総経理として赴任予定の方から一般の方まで、
中国国内で活躍するコンサルタントが、
現地で起きているケースを使い、中国の今を本質的に理解するための情報をわかりやすく提供します。

※3/24開催 ①『中国人部下のマネジメント』を同時に受講される方は、3/23-24の2日間80,000円の<割引料金>が適用されます。
<2月中にお申込の方全員>に、中国の今を理解する!お薦めの参考図書。園田茂人編『初めて出会う中国』有斐閣1,994円を進呈します。

対象 赴任予定者、中国事業関係者、海外人事など中国人材マネジメントにご興味のある方
日時 2015-3-23(月)10:00-17:00
会場 FUKURACIA品川(高輪口)(品川駅高輪口徒歩4分)
東京都港区高輪3-25-33 長田ビル6階
03-6430-9355
受講料 48,000円(税込)
定員 20名(先着順)
内容 第1部「中国入門<中国を理解するための基礎知識>」
・中国はなぜ“コネ社会”なのか ~中国の歴史と中国人
・中国はなぜ崩壊しないのか ~中国の政治と社会
・中国ではなぜ消費が爆発しているのか ~中国経済日本・日系企業
第2部 中国人の生き方を理解する「効果的な中国人とコミュニケーション」
法則1 近づく~「好意の先払い」がカギ
    相手の望んでいることを知る
法則2 発信する~中国人の仕事観・キャリア観を理解する
    「顔のある日本人」になる
法則3 認める~ 貢献を認知する
    「メンツ社会」での生き方
法則4 関係を強くする ~相手の「役に立つ人」になる
    中国的「義理人情」の世界
(3)まとめ 中国人の生き方
   「互いに認め合った個人がスクラムを組んで、理不尽な世の中を泳ぎ渡る。その仲間に入れるか」
使用言語 日本語
講師 田中信彦
BHCCパートナー 早稲田大学政治経済学部卒。新聞社記者を経て、 90年代初頭から「中国」と「人材」をテーマにコンサルティングや執筆活動などを行っている。亜細亜大学大学院アジア・国際経営戦略研究科(MBA)非常勤講師(日中人事・労務比較論)。NHK「クローズアップ現代」に出演、中国の人事・教育問題を解説。著書『中国で成功する人事 失敗する人事』(日本経済新聞社)他多数。『週刊東洋経済』に署名コラムを執筆中。 ビジネス情報サイト「wisdom」の連載コラム「深層中国」は毎回数万のアクセスがある。